info@acceljapan.com
81-3-6433-0905

自動車テレマティクス

事故にかかる年間推定支出額は史上最高値で5億9千2百万ドルです。高度なエンジンがより多くの故障コードを引き起こします。テンポラリー・エイジェンシー・ドライバーとは、ドライバーの行動を追跡し安全装置が優先になることです。適正な温度が保たれていない可能性がある輸送中の生鮮食品はいつも追跡されています。

ACCELのアフターマーケットの車両テレマティクスフレームワークは操作が出来るだけ効果的に安全かつ費用効率が良くなるように貨物車両運行管理者やオペレータ、ドライバーを支援するために構築されました。

フレームワークによりユーザーは自分の車両をモニターするために以下の4つのハイレベルなタスクを成し遂げることができます。

  • 車両速度、ガソリンの最低残量、G-センサー加速度閾値、 ジオフェンス違反、ウェイポイントの確認、衝撃、ドアのスイッチの位置、温度閾値等の様な事象トリガー閾値を設定します。
  • 継続してセンサーやGPS(GNSS)、大型車両インターフェースを通して車両の事象をモニターします。
  • 閾値が超えた場合、もしくはビデオバッファをループする際に連続記録を使用して手動で開始された場合、事象の記録をし、プレイバックを作成します。4つのビデオカメラが記録に役立ちます。
  • 遠隔でカスタムアプリケーションやウェブアプリケーション、分析を用いてリアルタイムに生成および記録され、転送されたデータを使用し車両を追跡、モニターし分析します。

フレームワークを実装するメリットは以下の内容に限定されるものではありません。

  • 燃料費を削減し燃料を節約する
  • 保険料の削減
  • 道路外での費用の削減
  • 生産性の改善
  • 健康と安全の促進
  • 車両と貨物の追跡
  • ライブの異常コードの診断